第二新卒の定義



新卒時に、そうとは知らずにブラック企業に入社してしまった。しかし、第二新卒になる人の中には、転職するのではなくフリーターやニートになってしまう人も多々いるようです。新卒採用において第一希望としていた企業が不採用となり、第2新卒として早期の転職を狙っている。

「なんとなく」等の漠然とした目的で就職先を決定したが、しばらく働いている内に就職先と異なる特定の業界や企業に就職したいという意志が発生した。 通常の中途採用者に比べて若く、また特定の企業文化の影響を強く受けていないことなどがあげられます。一旦就職した者が第2新卒として再び就職活動をする動機は様々ですが、一般的には以下のようなものです。

以前の勤務先で新入社員研修等を受けているので、社会人として必要なビジネスマナー等を身に着けている。中卒の7割、高卒の5割、大卒の3割が3年以内に退社するとされています。(5年以内という説もある)つまり大学や専門学校等を卒業して就職し、短期間のうちに転職を志す人の事です。

企業にとって第2新卒者は通常の中途採用者のように「研修不要の即戦力」となる事はあまりありませんが、それでも第2新卒者を採用するメリットには以下のようなものがあります。第二新卒とは、新卒から入社した人が3年以内に退社した人を指します。退職理由としては、仕がどうしても自分に合わないことや人間関係の問題など様々です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。