第二新卒の特徴



よく耳にするのは、転職市場はあくまで実力主義。では、そんな採用の背景にある企業の意図は、どんなものでしょうか?20代の若手を求めるのには、どんな背景があるのでしょうか。こ十年ほど、新卒採用を控えてきたことによる年代バランスの崩れを、業績回復を果たした今、是正しようとする動きがあります。

ということです。たしかに、そういうケースが多いのですが、募集対象として、ビジネス経験豊富な30代・40代より「20代」に焦点が当てられているというのも、最近に見られる傾向なのです。転職希望は企業が買ってくれるようなスキル、キャリアが備わっていての話。

求人案内に第二新卒と出している限り、ほとんど経験がないことは覚悟の上で求人しています。また、第2新卒は 経験がない という点では不利になりますが、まだ会社に染まっていない、新卒と較べてやりたいことがはっきりしている、意欲があるといったメリットもあり、最近は企業からのニーズも高くなっているのです。理由は、第二新卒は育てるのは大変だが飲み込みがはやく素直に仕事をやってもらえるという点。

まず前提として挙げられるのは、組織全体を見た時に20代の層が薄くなっていることです。企業は仕事のできるできないのレベルは問わず、若い人材を求めています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。