第二新卒の就職を支援



第二新卒の人は、まだ若いということもあって、フリーターやニートになる例も多いですが、将来のことを考えると、第二新卒の利点を活かして、速やかに就職活動をすることをオススメします。第二新卒の就職活動に、こういう類のサイトを利用するのもいいようです。というのは、第二新卒は、新卒とは違った意味で、採用したい企業が多いからです。先のこと、自分の将来のことをじっくり考えて、就職活動に取り組んでみてください。

「第二新卒」と呼ばれる期間はとても短いものです。退職理由は人によってさまざまですが、仕事内容や人間関係のミスマッチというのが多いようです。第二新卒者としては、現在、中卒の7割、高卒の5割、大卒の3割が「第二新卒」になると言われています。

また、若くて頭が柔軟であるということもポイント。第二新卒は、就職活動においては、新卒と比べてポテンシャルよりもキャリアを重視される傾向があります。といっても、まだ若いですから、それほど高度なスキルを要求されるわけではなく、「社会人としての基本的なマナーが身に付いている」「仕事の経験がある」といったところが買われるわけです。

ブランクが長くなればなるほど、「第二新卒」というブランドの価値はどんどん下がっていきますから、たとえ前の職場で嫌な経験があったとしても、できるだけ早くそれを振り切って次の就職活動をすることが望ましいでしょう。第二新卒の就職を支援するサイトで有名なものに、「リクナビNEXT 第二新卒」というものがあります。特に近年は「2007年問題」もあり、多くの企業が若い人材の確保に力を入れているため、第二新卒を雇いたいと考えている企業も多いのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。